整髪料は育毛の観点から見ればあまりおススメできない

髪をセットする時、整髪料を使っている方も多いでしょう。

けれども、整髪料は育毛の観点から見れば、あまりおススメできるものではありません。

空気中の埃が整髪料によって髪に付着しやすくなり、日常的なシャンプーでも簡単には落とせない汚れになってしまいますし、整髪料が頭皮の毛穴に残ったままになると頭皮にストレスがかかって、健康的な髪の成長を阻害します。

それでも使用する必要がある場合は、極力、整髪料は頭皮を避けて使用できるタイプの物を選び、きちんと洗髪することを忘れないでください。

波に揺れる姿が髪の毛を髣髴させることから、昔から海藻は髪の毛に良いと言われていました。

けれども、ヨウ素などが含まれている海藻を積極的に食べたとしても、これといって発毛を促すような作用は認められていませんでした。

けれど、海藻のネバネバした成分に含まれるフコイダンが毛母細胞から髪を作るために必要なIGF-1の物質を生み出すために必要なことが明らかになりました。

IGF-1(ソマトメジンC)は、他にも、大豆や唐辛子などを摂取した場合も増加します。

育毛に関する噂話にはたくさんのものがあります。

けれども、とくに科学的な証拠がない話も混在しているので、気を付けてください。

もしかすると、ワカメが髪に良いといって積極的に摂取している方がいるかもしれません。

でも、実際は特に根拠がない迷信なのです。

ワカメなどの海藻は、ヨウ素を多く含んでいます。

ヨウ素は甲状腺ホルモンの原材料となるもので、血液の循環を促進させますから、確かに身体には良いのですが、これが育毛に直接的に繋がるのかと言うと、残念ながら、そういったことはありません。

毛穴から産毛が生えてきたら、育毛が成功する可能性あります。

この時、毛母細胞も活性化していれば、生えた産毛が理想的な髪の毛として成長していくでしょう。

とはいえ、まだ毛母細胞の活性化が不十分な場合は、生えた産毛は、残念ながら抜けてしまいます。

ですから、産毛が生えただけで確実に育毛治療が上手くいっていると判断するのは危険です。

もちろん、個人の力でも育毛を行うのは不可能ではありませんが、本気で育毛治療を行いたいのならやはりクリニックを利用するのが良いでしょう。

投薬での治療は長い時間がかかるでしょうし、植毛は高額の治療費になります。

こうした心配を無くすためにも、まずはカウンセリングを受け、信頼できそうなクリニックを見付けておきましょう。

一部のクリニックを除いて、多くのクリニックがカウンセリングについては無料で行ってくれています。

薄毛や抜け毛の症状が重く、本気で育毛治療に取り組みたいというのなら医師の診断を受けるのが最適です。

しかし、病院に行くまでもない時や、薄毛予防したいという人はわざわざクリニックに行かなくても、自宅でも簡単に育毛ケアができます。

これといって育毛ケアの製品を揃えなくても、例えば、食事の栄養バランスに気を遣ったり、過剰な飲酒やタバコは止める、ストレッチやウォーキングで身体を動かしたり、入浴して血行を良くしておくなど、健康的な生活へ変えていくことで、髪の毛も健康になっていきます。

コラーゲンという成分を聞いたことがありますか?肌のハリツヤを良くするということで女性からの人気が高いのですが、実は、育毛にも効果的だと言われています。

皮膚の真皮層は成分の70%近くがコラーゲンから成っているため、コラーゲンの減少によって肌のハリがなくなります。

肌と地続きの頭皮も同じリスクがあるといえます。

ハリがあり若々しい頭皮なら代謝が上がる事で老廃物が排出され、育毛にも効果的だといえます。

ご存知のように、たんぱく質、亜鉛、ビタミンB群の3種の栄養素が、髪の悩みの解決に欠かせない栄養素だと言えます。

たんぱく質の場合、これはアミノ酸で構成されているのですが、このアミノ酸が、ケラチンという毛髪の主成分を構成するために必要になるのです。

そして、アミノ酸からケラチンを合成するために亜鉛を十分摂取する必要があります。

さらに、発毛を促し髪の毛を成長させる毛母細胞は、ビタミンB群によって活性化します。

たんぱく質ならば、豆腐や納豆などの大豆製品に、亜鉛が豊富なのは牡蠣、なお、ビタミンB群ならば、レバーや緑黄色野菜などの食品が代表的です。

普通、アロマオイルというとリラックス効果を目的としたものとしてのイメージが定着していますが、育毛治療にも役立つオイルもたくさんの種類があるのです。

具体例を挙げると、スウィートオレンジというオレンジの皮から抽出された香りの良いオイルは発汗作用があり、血行を促進すると同時に毛根に作用するため、育毛に適したオイルです。

悩みに合ったオイルを複数使って自分好みのヘアオイルやシャンプー等を作ると、もっと症状に適した育毛ケアが出来るでしょう。

規則正しい生活やバランスの良い食事などを心掛けることは、巡り巡れば、髪のためになることばかりです。

例えば、人間の体は眠っている時が最も新陳代謝を活発に行うので、睡眠の質が低下すると毛母細胞が老化し、健康的な髪の毛を作りだせなくなります。

あるいは、慢性的な運動不足は全身の血行不良と新陳代謝の低下のリスクがあり、育毛においては大きなマイナス要因となります。

血行不良が進むと毛髪が成長するために必要な栄養が、頭皮に行き渡らなくなるからです。