サラダでたくさん食べれない野菜は火を通すと食べやすくなる

美容については食事がとても大事だと思うので、私自身は食事に気配りしています。

とはいってもそんなに難しい事ではなくて、食事のバランスを整えるという事。

主に野菜が足りない場合が多いので、出来るだけ野菜を多めに食べるようにしています。

例えばレタスの場合はサラダにすると沢山食べることは無理ですが、火を通すと一玉くらいは食べられます。

ですから、お鍋に入れたりスープに入れたり、野菜炒めにするなどなるたけかさを減らしてたくさんの量を食べられるように工夫しています。

お野菜を多く摂るとお通じも良いですし、お通じがよくなると肌のコンディションも良くなり良い事ばかりです。

それから、良質のたんぱく質をたくさんとるようにしています。

太らないように気遣っているので、ささみなどの脂質の少ない肉が中心ですが・・・。

タンパク質が足りなくなるとパサついた髪になったり肌の状態が悪くなったりという事を昔雑誌で見たので、たんぱく質が不足しないように注意しています。

毎日暑い日が続き、サンサンと降り注ぐお日さまを見ていると大量の紫外線で嫌になります。

肌にとって太陽の光は天敵!日やけ止めを塗って更にUVカットファンデーションをつけているのですが汗で崩れて困ってます。

何度塗りなおしても汗をかく度に流れてしまうので、毎日紫外線と、汗との戦いです。

また、忘れちゃいけないのがうなじと胸もと。

日焼け止めクリームを塗り更にお肌を出さないように気を付けて出かけますが、帰宅すると真っ赤に火照っていることも。

なので、風呂から上ったら、日焼けのクールダウンと同時に、しみ・そばかすを予防するボディミルクを擦り込んでいます。

当然スキンケア用品もホワイトニングタイプのものを使い、しっかりと手入れをしています。

いくら日に焼けないようにとがんばっても、やっぱり焼けてシミやシワができてしまうことになります。

それに、疲れが見えると、一段としわが目立ち、お顔もたるんでしまいます。

そんなときはちょっと熱いお風呂に浸かって顔をマッサージすると疲れもいやされお顔も気持ちもすっきりします。

ストレッチは美容のために取り入れたい運動です。

ストレッチは年齢を問わずやれる気軽な「運動」なので、お年寄りでもやれますし子供でもやれます。

ただし、コリのひどい場所や縮こまっている筋なんかを伸び縮みさせる為に痛かったりします。

そんな事からストレッチ体操を断念する方が多いのですがそれって勿体なすぎます。

ちょっとくらいの痛みなら続けた方が血流も良くなりますし、そもそも痛すぎるくらいストレッチをやったらダメなんです。

痛みで顔が真っ赤になってしまうような無理なストレッチングは体を傷付けるだけで本当の「ストレッチ」ではないんです。

正確なストレッチ体操の仕方に基づいて行えば筋肉や筋が硬くなっていてもどんどん緩和されて可動域も広がってきます。

よく分からなければ痛みを伴いますが痛気持ちいいところまでにするといいですよ。

こうすれば出来ない人はいないはずです。

ストレッチングを正しく行うだけで美しくなれますよ。